手作りでも市販のセットでも楽しめる!『ボーリング』の遊び方と必要なもの

☂屋内向け

1970年代に大ブームが起こり、老若男女問わず人気になったスポーツがボーリングです。

ボーリング場に行って思いっきり投げるのは楽しいですが、小さな子供だとまだ早いかなと思い、連れて行きにくい面もあると思います。

そんなボーリング未体験の子供たちに初体験させてあげられるのが、ペットボトルや空き缶で作ったボーリングです。手作りでも市販のセットでも十分楽しめるのがボーリングの素晴らしいところです。

スポンサーリンク

口コミ

ボーリングはペットボトルをピンとして使って手作りしている人が多いです。それが一番安価で簡単です。

コースはあってもなくても大丈夫ですが、ボールやピン転がっていかないように囲いはあった方がいいです。

遊び方

人数 1人~

年齢 3歳~

時間 5分~

  1. ピンを逆三角形になるように並べます。
  2. 離れた位置からボールを投げます。
  3. ボールを投げる回数は2回か3回がちょうどいいです。
  4. 倒れたピンの合計本数で得点を競います。

年齢によって投げる距離を変えても、ボールの種類を増やして難易度を上げても面白いです。

ピンを全部倒してストライクになったら、賞品を渡すようにするとさらに盛り上がります。

必要なもの

  • ピンになるペットボトル10本
  • ペットボトルのキャップをしっかり閉めるためのビニールテープ
  • ピンの重りになるビー玉
  • ピンをペイントするためのカラーペンやシール等
  • ピンの周りを囲うためのダンボール
  • 投げる位置やピンの位置を決めるためのマスキングテープ
  • 係員 2人~ 案内係とピンをセットする係

ペットボトルの装飾はピンを模したものや人気キャラクターを使ったりすると楽しくなります。

ボールは家庭にある市販のものでもいいですし、丸めた新聞紙にガムテープを丸くなるように巻き付けて手作りしてもいいです。

市販のボーリングセットは参考までに↓

created by Rinker
Holy Stone Toys
¥2,750 (2022/09/30 23:12:38時点 Amazon調べ-詳細)

普通のボーリングではつまらないと思った方には、こちらの膨らませる式の大きなボーリングセットがおすすめです↓

参考サイト

ボーリングを手作り!子供でも簡単に作れるアイデア5つ | 子育て小町 (kosodate-komachi.com)

ボウリング|簡単手作りおもちゃの作り方 工作図鑑 (toy7.net)

コメント

タイトルとURLをコピーしました